輸入食品パスタと量産タイプとの違い

パスタは量産タイプはスーパーなど生活場面でよく見かけますが、輸入食品タイプもネットなどで販売されており購入する人が増えています。一見すると箱やラッピング以外に差が無いように見えますが、いくつかの違いを紹介します。
輸入食品タイプでは、小麦の原材料に質の高いものを使用しています。特にイタリア産のパスタでは、輸入に頼っていますが厳選したものを使用しています。小麦粉の質が高いものだと、甘みや歯ごたえが大きく違います。乾燥時間や温度、水の量にもこだわっているため相応に質の高い料理として堪能できます。
量産タイプのもので、特に値段が安いものはそのまま食べるとコシや風味は劣ります。水につけて2時間ほど寝かしてから茹でることで、歯ごたえのある生麺になります。ただし、味付けや手間に手間と工夫が必要です。

グルテンフリータイプの輸入食品パスタとは

輸入食品パスタの一つでグルテンフリーが市場でも販売されていますが、値段も相応にかかります。グルテンが含まれた食事を摂ることで、血糖値が上昇して脂肪を分解する働きがあるインシュリンが体内で分泌されます。それに伴い、脂肪を溜め込みやすく太りやすい身体になってしまいます。
グルテンフリータイプを摂ることで、痩せやすく新たな食習慣のへ導くことができます。小麦アレルギーを抱えている方にも、安心して摂ることが出来ます。生麺タイプは、もちもちとした食感を味わうことが出来ます。
アレルギーのことで気になる場合は、医療機関で栄養士などと相談すると安全です。

輸入食品パスタにおける製法の違い

輸入食品パスタでは、値段以外に製法も違いがあります。パスタ生地はデュラムセモリナ粉という原料に水を加えて練り込み、ダイスという小さな丸の穴が開いた形に生地を通して、形に仕上げます。ダイスには2種類の製法があります。
昔ながらの伝統製法で作られたブロンズダイスは、もちもちとした食感が特徴でソースとも絡みやすいです。ダイスから押し出される際、表面に溝が付きざらついた仕上がりになりますが、低温で長時間かけることで生地が綺麗に仕上がります。手間が掛かる分費用も掛かります。
20世紀前半に開発されたテフロンダイスは、しこしこしていてのど越しが良いです。パスタ表面に溝が無いため、生地がボロボロになる心配がありません。日本製の市場で販売されているものにテフロンダイスは多く、値段も安めなのが特徴です。ペペロンチーノなどのさらっとしたタイプのソースとなら、絡みが良いです。

ガレオンのオンラインショップでは常温商品5400円以上のお買い上げで送料無料になっています。 ガレオンでは様々な海外の食品を使ったレシピを公開しています。買ったけどどう使うかわからない場合は是非ご利用ください。 店舗でご購入していただいたお客様には、LINEの会員登録でポイントサービスご利用いただけます。 種類豊富!!パスタを買うなら直輸入食品専門のGALLEON

ピックアップ記事

日本で珍しいパスタも輸入食品で手に入る

日本の市場で販売されているパスタはいくつもあり、日本農林規格にて数値でも分類されています。太さや細さの違いから、大小長さの違いまで多種多様に分かれています。輸入食品パスタの場合は、国によっては数値によ...

輸入食品であるパスタの仲間ポテトニョッキ

ポテトニョッキは、輸入食品であるパスタの仲間として有名です。イタリアの輸入食品の一種であり、つぶしたジャガイモを混ぜてつくられたパスタです。形が団子状であり、崩れにくく作る際に非常に簡単に出来ることが...

料理に活用できる輸入食品パスタソース

パスタソースは輸入食品の一つで輸入食品店などで販売されていますが、活用方法はパスタだけではありません。特に一人暮らしをされている方だと、はじめから作る際には複数の調味料と相応な材料費がかかるため、費用...

輸入食品でパスタ以外の楽しみ方

パスタ以外に輸入食品には、冷凍ラザニアがあります。チーズやソースが食品の中に挟み込まれているため、調理方法は手軽で容器ごと電子レンジで温めることが出来ます。その場で本場と同じ味わいが堪能できます。パス...


コンテンツ

カテゴリー